統計情報 01
統計情報 02
統計情報 03
統計情報 04
統計情報 05
統計情報 06
統計情報 07
統計情報 08

Presents

The divide

男女の格差は、いまだに改善されていません。 その理由を探るデータを見てみましょう。

地球上には 76 億人 がいます。
その 半分以上
アジア太平洋地域(APAC) 人口です。
日本では
6,152 万人男性
6,490 万人女性
数字はほとんど同じですが、
決して 平等 ではありません。
2017年に実施した 職場と家庭 に関する調査から、
男女の
認識と行動 違いを示す
データを見てみましょう。

男性の 5人に1人 は、就労機会の男女平等を必ずしも望んでいません。

データを見る 共有

それほど多くないように見えますが…

数にすると、 2 億 1,500 万 以上に上ります。

日本の人口の約 2 倍 です。

この数字は、 仕事に夢を持てない女性 多いということと深い関係があります。

日本で「仕事に夢が持てない」と答えた女性の割合は

33%

(年齢: 25~34 歳)

データを見る 共有

インドネシアでは約 40% 女性が就職よりも起業を希望しています。

(年齢: 25~34 歳)

データを見る 共有

日本では、 現在就業していない女性の63% 男女の雇用機会は不平等だと感じています。

(就業していない女性)

データを見る 共有

しかし、男性はそこまで不平等だとは考えてないようです。

韓国では、 就業中の男性の 78% が、男女の雇用機会は平等だと考えています。

(就業中の男性)

データを見る 共有

しかし、韓国の就業中 女性の 40% 不平等だと感じているのです。

(就業中の女性)

データを見る 共有

この認識のギャップは、家庭においても見られます。

女性の 7倍 数の男性が「家事をパートナーと分担している。」回答しました。

(日本)

データを見る 共有

しかし、実際に家事に参加している男性の割合は全体の 3 分の 1 すぎません。

(「自分自身」と「パートナーと分担」を合算)

データを見る 共有

男性は父親になると、家事に関わる責任は減るとさえ感じているようです。

男性が家事をなくなる割合

12%

(APAC 既婚男性子供ありと既婚男性子供なしの比較)

データを見る 共有

日本では、 38% の既婚男性 育てをパートナーに任せっきりです。

データを見る 共有

男女 格差解消を目指して。

男女の格差を解消するためには、まずその実態を理解する必要があります。そこで Google は 2017 年、アジア太平洋地域 9 か国の男女を対象に調査を実施しました。

調査結果は下のボタンからご覧いただけます。

Data Explorer

Womenwill は、世界中の女性に経済的機会を提供し、その成長と成功を支援することを目的にした Google の取り組みです。

Google はこれからも Womenwill を通じて、男女の格差解消に取り組んでいきます。

Womenwillについて
もっと見る

画面は縦向きで表示することをおすすめします。 端末を回転させてください。